■■■ デ ザ イ ン の 趣 旨 ■■■

1.「横浜教育サポートフォーラム」の略称「YES」を擬人化し、
  人間的な温もりを伝えたい。

2.Y(横浜)とS(学校)が共に手を取り合って、E(教育環境)
  を創造しようというメッセージにした。

  1)その基本的な考えは、「今日の社会においては、パートナー
   シップは教育改革における必要不可欠な要素となっている。」
   (1996年ユネスコ国際教育会議勧告より)を参考にした。

  2)同時に、このことは、トップダウン型の行政へのメッセージで
   ある。

  3)つなぎ合い、つむぎあうことを大切にし、本横浜教育サポート
   フォーラムの持続可能なスタイルを追い求め続けたい。

3.色彩に意味を持たせた。

  1)Y(青)とS(黄)が手を取り合うことによって、E(緑)を
   産みだすようにした。

  2)手と足は情熱の(赤)にした。手と足を使った体験型orパース
   ピレーション(発汗作用)の重要性を伝えたい。

          (H18.5.6/図画工作科講座担当 佐々木 孝)